ある公益団体の無料Webコンサルティング企画にご参加いただいた整体師のBさまは
その時から真っすぐな視線、真剣な事業プランで、起業家らしいたたずまいでした。

4ヶ月経って整体師のBさまからメールが入りました。

「実はHPを自分の力で作成しようと試みていたのですが
思うように進まず、結果友人のHPデザイナーにお願いすることにしました。」

そのデザイナー氏への制作指示の仕方、またそれ以前に「方向性/全体像/コンテンツ作り」
について二人三脚で進めていきたいとのことで、2ヶ月間の通信コンサルティングが
始まりました。

特に、ターゲットとするお客様像を明確にし、そこに集中的にPRする
「ペルソナシナリオ法」を用いてコンテンツ作りをしたことが、あとの「成果」につながりました。

2ヶ月間でメールのやり取りは約50通。Webサイトだけではなく
ビジネスブログの構築、運営についても実践しながらアドバイスをさせて
いただきました。

結果的にWebサイトのオープン前に運営を始めていたビジネスブログを見た
新規のお客様からの引き合いがすぐにあり、

「嬉しい事に想定しているターゲット層にズバリ的中しています
(中略)
永友様の言葉『ジワジワ効いてくる』を信じて行動してきたおかげだと思っています」

との感想をいただきました。

整体師さまのネット集客には、この「ペルソナシナリオ法」が重要だと感じた
通信コンサルティング案件でした。