ホームページコンサルティングを始めてから14年以上経ちます。
やればやるほど、(おこがましい言い方かもしれませんが)Web活用の改善は「本当にちょっとしたこと」で差がつくのだと実感します。

  • もう少し続ければ成果が出そうなのに、やめてしまうかた。
  • 一度だけ立ち止まって、「お客様の不安/疑問」に向き合うかた。あるいは、それをしないかた。
  • 自分がお客様の立場だったら?という疑問に向き合うかた。あるいは、それをしないかた。

神奈川県内のある街の専門サービス業様は、永友が講師のセミナーに2回参加され、その後1回の対面コンサルティングを経て売上がアップしました(もちろんご本人の努力、技術力があってのものです)。

セミナーでは一番前の席にお座りになり、とても真剣にご受講いただいていたのを今でもはっきり覚えています。

その専門サービス業様は、セミナーを受講したその日にブログを立ち上げました。
永友事務所のホームページ活用セミナーでは、昔も今も変わりませんが、「ブログ」の重要性を口を酸っぱくしてお話しします。

でも、話を聞いて「なるほど、そうなのかぁ。いつか、やらなきゃなあ」で終わる方が9割いらっしゃると思います。伝えかたのまずさを痛感します。

残りの1割のかたが、私を信じて、実践される方です。

その専門サービス業様は、一般のお客様がある言葉(いくつかのパターンがありますが)で検索するのが目に見えていたので、とにかくその言葉での検索上位表示を目指してブログを作成、運営されることを強くお勧めしました。

また同時に、そのブログでのアクセスを補完する要素もお伝えしました。

  • ニーズが顕在化していない(具体的な言葉で検索すること自体に気づいていない)潜在顧客に出会うためのSNS活用
  • ホームページでの「接客」(初めて利用するかたの不安や疑問を解消するコンテンツ作り)

そのお客様から、あるときFacebookでメッセージをいただきました。
その内容はこちらです。
http://www.8-8-8.jp/welcome

関連するページ

(ブログ)ビジネスブログ運営実務