ホームページコンサルタント永友事務所のWeb活用セミナーにお越しになった、とある若者向けサービス業様から個別コンサルティングのご依頼をいただきました。

当社のお客様の9割以上が、「短大生、大学生、勤め始めて数年の若手会社員」です。お陰様でこれまでの実績は業界NO.1です。また、受注のほとんどはネットが起点になっています。

競合もチラホラと現れてきたことと、売り上げが好調な今だからこそ、ネット活用について極めたいと考えています。力を貸してください。

そのようなリクエストでした。

この若者向けサービス業様のホームページは、ご担当者様が自作されたものでした。自作のホームページで既に業界NO.1であることは大変素晴らしいと感じました。

しかし「お客様目線の発想で、ぜひ客観的なご意見が伺いたいのです」というご担当者様の意向もあり、忌憚のないアドバイスをしようと思いました。

この若者向けサービス業様のホームページは、もちろん「既に売上という『結果』が出ている」という意味では、既に合格点であると思いました。そのうえで、あえて挙げるならば、以下のような課題があるように感じました。

  • 競合も出現してきているなかで、「なぜ当社が選ばれているか(実績豊富なのか)?」を説明するページが無い→選択を後押しする(競合他社に行かせない)ために必要
  • 会社目線で、サービス内容を詳細に説明しているが、お客様は本当にそこまでの細かい情報(スペック情報)を求めているのか?逆に言えば、「お客様が本来、素朴に聞きたいこと」の答えになるようなコンテンツが無い→メッセージの納得感、問い合わせのしやすさのために必要
  • サービスを申し込んだ後の、実際にサービスを受ける場面についての説明(利用エピソードの描写)が無い→そもそもサービスイメージが湧かないと問い合わせもしない

もっと細かい点では、スマホ対応ではない、とか、アクセス解析をしていない、なども課題だと思いましたが、重要なのは上記の3つのポイントだと感じましたので、ストレートにお伝えしました。

社長様とご担当者様は虚を突かれたような表情をされ、「まさにお客様目線の発想無しにこれまでやってきたのですね!!」と非常にびっくりされていました。

コンセプト(全体戦略)はそのままで、お客様目線の内容と表現をプラスするわけですから、良い結果をもたらすことが十分に期待できました。

このご担当者様から後日、再度ご用命をいただき、

早速、制作会社と詰めて、リニューアルをすることにしました。今度、制作会社と打ち合わせをするので、ぜひ同席してください

とお声がけをいただきました。

上記3点のコンテンツについて、構成や表現を討議し、リニューアルに至りました。

おこがましい言い方かもしれませんが、当然に、リニューアル後の売上も順調に伸びているそうです。

関連するページ

永友事務所「お客様の声」