東京都中央区銀座でスクール業を運営する経営者様より、「Web制作業者との打合せ同席」のご依頼がありました。

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではなく、中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアです。

Web制作業者に依頼してホームページリニューアルを進める場合、いわばその通訳のように間に立つ存在(ホームページ制作のコーディネーター)としても永友事務所は利用されています。
Web制作会社と業務がバッティングしない(永友事務所はWeb制作を行いません)ので、当該Web制作会社に気兼ねすることなく、私を立会人として活用いただけます。

当日の流れとしては、

  1. Web制作会社さんが来社する前に打ち合わせをします(30分程度)。事前にメールで伺っていた今回のリニューアル経緯を再確認し、方向性のすり合わせをします。
  2. Web制作会社さんが来社されたら名刺交換をし、永友事務所の立ち位置と参加目的をお話しします。くれぐれも、Web制作の競合社という意味ではなく、主にクライアント側にたった「第三者の視点」を提供する目的であることをご説明すると、Web制作会社さんも安心した表情を浮かべます。
  3. Web制作会社さんからのリニューアルプレゼンを、お客様とともに伺います。場合により、この段階で見積金額が提示されることもあります。
    いずれにしても、リニューアル目的をかなえるために無駄な仕様はカットし、足りないコンテンツがあれば追加することをご提案します。
  4. 打ち合わせにて一定の結末を迎えると、Web制作会社さんは帰社されます。が、永友は少々残って、お客様と今後の方針について打ち合わせをします。

つまり、極端に言えば永友がいなくても打ち合わせは成立するのですが、

  • 複数の見積が手元にあるとき、各社とも項目・金額がバラバラで見積比較検討ができない
  • 見積に、こちらの要望事項が盛り込まれているのかが判断できない
  • 打合せ時、制作会社の担当者の話についていけない

もっと突っ込んで言えば、

  • 自分(自社)だけでは、制作会社の提案の鵜呑みになりそうで怖い(騙されそうで怖い)
  • 前回のリニューアルで制作会社とモメたので、今回はスムーズに進めたい

などのご不安があるときの「打合せ同席」というサービスなのです。

今回の東京都中央区銀座でスクール業を運営する経営者様は、「制作会社の提案が妥当かどうかが自分では判断できない」ということでご依頼をいただきました。実際、制作会社さんの提案では「お客様のエピソード」を裏打ちするコンテンツが無かったので、それを盛り込むことをご提案しました(見積金額的にはプラスになります)。同時に、過剰と思える見積もり項目は削減をご提案しました。またデザイン(動線)上の工夫についてもご提案させていただきました。

このホームページリニューアルを機に、スクール運営も着実に前進なさっているご様子です。

関連するページ

ホームページ制作業者の見積比較