神奈川県内で、個人で保険代理店を営む男性からネット活用の助言依頼をいただきました。年明けのことでした。

現在ホームページを出しておりますがほとんど集客に結びつかず、ホームページは半年程開店休業状態です。

もっとホームページからの集客を増やすための具体策を相談させて頂きたい。ホームページだけでは集客できない時代だと聴きますが、そういうものなのか?コンテンツを変えた方が良いのか?ホームページの仕組みが悪いのか?アフィリエイトと言う言葉があるが何かそちらの方面も対策を打たなければいけないのか?SEO対策でもっとコストをかけなければいけないのか?など色々と考えますが、出口が見えない状況です。

どういう形でどういう考えをもってやるべきか、ご相談させて下さい。

そのような切実なご相談です。

このように、「出口が見えない」つまり進路が分からないというご相談は本当に多いです。今自分がやっていることが正しいのかどうか?そこからのご相談というのはとてもたくさんあります。

実際、この保険代理店業様のホームページは、内容も足りませんでした。また同時に、いわゆる「ホームページ」以外のツールについて未着手であり、「打ち手」自体が少ない状況でした。

  • ウェブ活用の全体像(どのツールをどの目的で使うのが合理的/効果的か?)
  • ホームページのコンテンツ(お客様の不安と疑問に答える内容)
  • 検索エンジン対策とブログの活用
  • ソーシャルメディアを活用した、人間性の訴求
  • ホームページを外注する場合の費用感と注意点

などのことについて2時間の対面コンサルティングでお話をさせていただきました。

翌日、この保険代理店業様からこのようなメッセージをいただきました。

永友さん、昨日は有難うございました。
わかりやすい説明で充分理解できました。
ソーシャルメディアは大事な営業ツールですがHPだけでなく、Facebook、ツイッター、ブログを全て使いこなしていく必要性があるんですね。
明日は午後からまとまった時間が取れるので昨日教えて頂いたことを整理して進めたいと思っております。

ネット活用を「簡単なもの」だと誤解するかたほど、どんどん遠回りすると思います。この保険代理店業様のように、結局コツコツやることが一番近道であるということに早く気付くかたが増えていくことを祈っています

Web(ネット)での集客に手詰まり感を感じている経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
複数人お集まりいただいての、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

わかりやすいホームページコンサルティング(対面型)
ホームページ改善相談