神奈川県某市の産業用資材加工販売業様を訪問しました。基本的には住宅街ですが、工場等も散見される街です。

最近入社したうちの若手営業社員がホームページを自分で作りました。私自身は、ネットでの引き合いはあまり期待していないのですが…

という専務様のお話でした。

意外に思われるかもしれませんが、「ネットにあまり期待していない」という経営層のかたは少なくないと思います。これまでの営業方法でそれなりに引き合いは得ている、などの状況であると、尚更かもしれません。

どんな話になるのかなと思いましたが、その若手営業社員様が現れ名刺交換をした瞬間に、何か「感じ入る」ものがありました。

いやあ、本人が熱心にやっていきたいというもんですから…ぜひ、しっかりとご教授をお願いします。

と専務様。どうやら、専務様をはじめ経営陣は「ネット活用」についてイメージが湧いていないが、若手社員がとてもやる気を出しているので、それをサポートしてほしいというリクエストのようでした。

ホームページビルダーで自作された産業用資材加工販売業様のホームページについて、まずはホームページ診断をし、そのうえで今後の方途について指針を示してほしいというご依頼でした。

その若手社員様が、熱く説明をしてくださいました。ネットを使って新規顧客を増やしていきたい。自社商品はまだまだ広がる余地がある…ということでした。

この産業用資材加工販売業様は、商品の多くを特定分野のメーカーに販売していて、それはそれでしっかりとした商いになっているとのこと。しかしこの若手社員様は「新規顧客を増やす」(販路拡大する)ことに着目して行動を起こしているのです。
本当に素晴らしいことだと思いました。

さてそのホームページですが、基本的にはよく出来ていると感じましたので、それをそのままお伝えしました。
しかしこの「産業用資材」について考えると、ネット上には競合商品がたくさんあることも事実でした。

自作のホームページは良くまとまっていますが、まとまりすぎていて、ページ数もそれほど多くありません。
ネット上で特に検索エンジン対策(SEO)を考えたときには「量」も大切になりますので、「ブログを活用した検索エンジン対策」についてご助言をさせていただきました。

この産業用資材加工販売業の若手社員様は「自分で作ったホームページ」だけでネットで勝負していくおつもりでした。しかし、いまのネット活用はブログやSNS等、複合的にツールを使って総合情報力で勝負していくことが大切であることをお話ししました。

この若手社員様はすぐにブログ作成に取り掛かりました。その後、FacebookやYouTubeなどにも取り組み始めています。非常にポテンシャルの高い若手社員様、そして企業様であると思い、楽しみにしています。

関連するページ

SEO(検索エンジン対策)の考え方(ブログ)