神奈川県のある街の印刷業様から、ネット活用全般の見直し(ウェブコンサルティング)のご依頼を頂きました。

中小企業が使うウェブツールは、以前は「ホームページ」だけでしたが、その後「ブログ」「ソーシャルメディア(SNS)」など、扱いきれないほど多くのウェブ販促ツールが登場したわけです。

「どのツールを、どのように、どのくらいの重要性をもって使えば良いかわからない…」

このようなご相談が後を絶ちません。

この印刷業様は、

  • ホームページ
  • ブログ

を使っていらっしゃいました。

今回のコンサルティングでは「Twitter(ツイッター)」「Facebook(フェイスブック)」の登録や操作方法もご助言サポートさせていただきましたが、主には「ブログ」(ビジネスブログ)の有効活用について中心的にお話しをさせていただきました。

この印刷業様では、ブログを熱心に更新されていましたが、「店主のひとりごと」のような内容になっていました。

それはそれで社長様の「人柄」などが分かり一定の経営効果もあると思いますが、

ブログ活用の本質は「検索対応」

という点を、しっかりとお伝えさせていただきました。

ヤフーやGoogleなど検索エンジンで、あるキーワードを入力した時に自社Webサイトが上位に表示されるよう工夫をしていくことを「検索エンジン対策」(SEO)と言ったりします。

分かりやすくいえば、ブログ(ビジネスブログ)は「検索エンジン対策」のために書く、という認識が、中小企業ウェブコンサルティングの現場感から言えば正しいことなんだと思っています。

この印刷業様の場合では、印刷にまつわる(もちろんお客様が入力するであろう)キーワードをふんだんに入れてブログを書く、ということの重要性と経営的意味、そして具体的やりかたについてアドバイスをさせていただきました。

もともと勉強熱心で努力家の、この社長様。いまでも元気に情報発信をされています。

関連するページ

ホームページコンサルタント永友事務所公式ブログ