神奈川県内のある弁当店様から、「ホームページを作りたい」とのご相談を頂きました。

ホームページコンサルタント永友事務所はホームページ制作会社ではなく、中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、Web制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアです。

この弁当店様は、「ホームページを作りたいが、どのようにすれば経営効果のあるホームページになるのかを指導してほしい」という趣旨のご相談でした。

「ホームページを作る」ということだけを考えれば、10年前に比べてはるかに簡単になっています。それこそ「Jimdo」「Wix」「Ameba Ownd」などのクラウドサービスを使えば、その場で、無料でホームページが出来てしまいます。

問題はそこではなく、「どのようにすれば意味のある(経営効果のある)ホームページになるのか」という点です。

「Jimdoで無料でホームページを作りたいが、どのようにすれば経営効果が上がるか指南してほしい」ということをホームページ制作会社に聞くことはできません。そんな時に、制作業務をしない中立的なホームページコンサルタントにお声がかかるようです。

業界の動向、消費者の志向、自社の強み、人材、経営者様の性格など多角的にヒアリングさせていただき、その弁当店様にある一つの強力なウリを見出すことが出来ました。

「●●というコンセプトのホームページにしましょう!●●を、特に▲▲に向けて情報発信をしていくのです」

その提案に、社長様もご満足されたようです。

「誰に」「何を」ということの競争優位点を見出すことが、ホームページコンサルティングの根幹です。単に「ホームページの作りかた」をレクチャーする、ということとはまるで違うアドバイスです。

「なるほど、●●ということが自社の特徴であることは薄々感じていましたが、それを特に▲▲の方々に向けてPRしていくことは考えもしませんでした。この考えかたはホームページだけでなく、チラシや口頭での営業トークでも使えますね」

と、社長様。

跡継ぎの問題もクリアできそうで、ますます元気に営業なさっています。

関連するページ

わかりやすいホームページコンサルティング(対面型)