8月のことでしたが、Web業界での起業を考えている女性からご相談がありました。

「Webデザイナーとして起業したいと思っています。身につけておくべき知識や、起業してからどのように事業を進めていけばよいかを教えてください」

ホームページコンサルタント永友事務所はWeb制作会社ではありません。
中小企業・起業家様のホームページ改善(Web活用)に特化したコンサルティング専業事務所で、ホームページ制作業務をしない中立的なホームページコンサルティングのパイオニアだと思っています。

そのことを踏まえてのご相談でした。つまり永友事務所が「制作会社ではない」ということを理解いただいたうえでのご相談だったのです。

私はWeb業界(Web制作、Webデザイン、Webコンサルティング)についての現状や、今後取るべき方途についてアドバイスをさせていただき、また「誰を対象とした事業なのか?をハッキリさせること」の重要性をお話しさせて頂きました。

Web制作やWebデザインについては、その技術を身につけるかたは増えていると思います。

同時に、当たり前ですが実力主義の世界ですから、起業し経営を持続していくことは簡単ではないと思います。

制作会社や他の専門家との提携(アライアンス)、また一見、逆説的ですが「リアル」なこと(地域や人とのご縁)が大事であることをアドバイスさせていただきました。