関東地方の、とある街の社会福祉協議会様からご用命をいただき、ホームページコンサルティングをさせていただきました。

この社会福祉協議会様は、以前のご担当者様が「ホームページビルダー」でホームページを自作されたそうです。
そのホームページを何とか更新していたのですが、特定のスタッフにホームページ編集業務が集中することについて難色が示されたとのことでホームページリニューアルをお考えになったそうです。

そこで2社にホームページリニューアルの見積もりを取ったところ、余りにも金額に差が出たので、どのような基準で選定していけばよいか五里霧中になったということでご相談をいただきました。

この2社の見積もりを比較したところ、実際には両社とも要求水準を満たしているものでした。

しかし一方のA社は、その必要最低限の内容に加えて、付加的な内容を提案するもので、当然に見積金額は高くなっていました。
またもう一方のB社は、「必要最低限の内容」を忠実に見積に入れて提案していました。

ご担当者様は、そのA社の付加的な提案が、自分たちに必要であるのかどうかわからずにいたので、見積の判断ができなかったわけです。

私はこの社会福祉協議会のご担当者様に、改めてその要求事項(ホームページを作り変えて実現したいこと)をヒアリングしていきました。そしてその内容は少なくともAB両社とも見積(提案内容)には入っているので、A社には付加機能部分を減額して再度見積を取るか、B社にはそのまま発注しても良さそうであることをお伝えしました。

しかし最も重要なポイントとして、「最終的な見積比較をして金額に大きな差が出ないようであれば、営業担当やディレクターのコミュニケーション能力を最も重視すべき」ということを申し上げました。

制作会社に依頼するホームページ制作(外注)は、多かれ少なかれ「伝言ゲーム」のような感じになります。発注側は、営業担当やディレクターを介して、仕様やデザインを目の当たりにしていくのです。

つまり、コミュニケーションの要になる営業担当やディレクターが貴社の業態や要求事項、実現したいことを理解していなければ、よいホームページリニューアルになるわけがないのです。

ですのでホームページリニューアルの見積を取り、打ち合わせをするときは、実際には営業担当やディレクターのコミュニケーション能力を見ていくのが最も肝心なのです。

この社会福祉協議会様は現在、首尾よくホームページリニューアルが進んでいるようです。

ホームページ制作会社の選び方にお困りの企業、団体様へ

ホームページ制作会社選びで迷ったことはありませんか。永友事務所では「ホームページ制作会社に委託する時の15個の注意点」のノウハウを中心に、対面コンサルティングあるいは通信コンサルティングでアドバイスをしています。
社内でのミーティングに呼んでいただき、方向性をまとめることも可能です。「ホームページ制作会社の選定について」とご連絡ください。

関連するページ

ホームページ制作会社の選び方(業者選定/セカンドオピニオン)
ホームページ改善相談