とある街の葬祭業様から、ホームページ改善のご相談をいただきました。

初めまして。先生のホームページを拝見しお問い合わせをしております。
HPに関し今後どのようにしたらいいのか、ご指導を頂ければ幸いです。
現状は何が問題で、まずどこから何をすべきか(何から手をつけて良いか)分からない状態ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

ということでした。

とある街の老舗葬祭業様で、ホームページを拝見したところ、SEO(検索エンジン対策)についてもしっかりしていて、また知名度的にもその地域ナンバーワンであるようにお見受けしました。

しかし、今後の交通網の進展等で、地域経済が大きく変わる予想があるそうです。そうなると、都市部からの同業者参入など様々な外部環境の変化が予想され、危機感を感じていらっしゃるとのことでした。

数時間かけて、永友事務所がある藤沢までお越しくださいました。2時間強の対面コンサルティングをさせていただきました。

ご提案させていただきました事項は、大きく以下の通りです。

●事前相談についてのネーミング変更

葬祭業の多くは、葬儀について前もってご家族様(あるいはご本人様)が相談したいという意向があるそうです。終活というのでしょうか。それなりの年齢になったときに、葬儀の段取りや諸々の事項についてしっかり準備しておきたいというニーズが一定数あるそうです。

この「葬儀についての事前相談」に関して、この企業様の相談サービスについてとあるネーミングをご提案させていただきました。

●事前相談ページの強化(精緻化)

葬儀会社様としても、地域住民等が「葬儀についての事前相談」に来てくださることはとても有益であるといいます。要するに「見込み客との面談」ですから、当然です。

この事前相談のページについて、それまでのページでは「ページの説明がとてもあっさり」している印象でした。見込み客を集める重要なステップにも関わらず、事前相談のページ内容が薄い印象でした。

APSORAの法則を基にしたページ構成と話の流れについてご助言をさせていただきました。
APSORAの法則は、一般人(素人)が理解しやすく、納得しやすいページ文章の流れのことです。

●「よくある質問」ページの強化(精緻化)

ホームページ内に「よくある質問」のページを設ける事業所様は多いです。しかし、その戦略上の意味を考えずになんとなく設置している事業所様も多いと感じます。
このページの改善についてご提案をさせていただきました。

●「葬儀の価格、プラン」のページの改善

葬祭業様ホームページのメインである「葬儀の価格、プラン」のページですが、この葬祭業様のページでは「わかりにくさ」が感じられました。
永友事務所では、独自の「わかりやすさの型」というメソッドを用いて、「葬儀の価格、プラン」のページをわかりやすく改善することをご提案させていただきました。

他にもSNS活用や採用ページの改善についてもディスカッション、アドバイスをさせていただきました。

翌日、経営者様からこのようなご感想をいただきました。

永友一朗様

昨日は大変お世話になりました。わざわざ時間をさいてもらい感謝しております。

感想ですが、

・自分自身の取り組みが足りないことを実感しました。

・どのように進めたらいいのか、もやもやが解決しました。

・一般人の方は、普通どのように考えるか、流れがわかりました。

・事前相談の新しいネーミング、なるほどと思いました。

・トップページの考え方理解できました。

今後進めるにあたり、●●●●●●●●●、●●●●●●●●●●●●●、●●●●●●●●●●、●●●●●●は用意できつつありますので、今回のセッションを参考に進めたいと思います。

貴重な資料もデータで送っていただきありがとうございます。

永友事務所はこれからも、「ホームページを改善したい。でも、何から手をつければよいかわからない」という経営者様のお力になれるよう、進んでいきたいと思っています。

自社のHP内容、Web発信について見直したい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
複数人お集まりいただいての、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

わかりづらいHPではお客様は動かない。見直すべき「3つの改善点」

ホームページ改善相談