中部地方の、とある街の小売店様からご用命をいただき、SNS活用のアドバイスをさせていただきました。

老舗の小売店様で、既存客からの信頼も厚いお店様です。他の小売店様と同様、「既存客の高齢化」「新規客の獲得」というものを経営課題に挙げていらっしゃいました。

既にホームページとツイッターを活用なさっていましたが、それに加えて別のSNSにもチャレンジしたいとのことで、Instagramをご提案させていただきました。

Twitterもそうですが、Instagramもいわゆる「若者層」がやっているSNSです。また取り扱い商品のビジュアル等も含めて、Instagramを開始しうまく活用することが欠かせないと思いました。

開設のアドバイスから、ハッシュタグの付けかた、効果的な写真の撮り方などを実践的にご助言させていただきました。

続いて、Googleマップの店舗情報を整備する(Googleマイビジネスにて情報を上手に掲載する)ことについてレクチャーさせていただきました。

スマホで調べものをするユーザーに対する訴求として、Googleマップの店舗情報(の整備)は欠かせません。その意味とやり方についてアドバイスをさせていただきました。

最後にWebでの情報発信の要である「お客様目線」という点についてディスカッションをさせていただきました。

初心者目線で描く、とか、エピソードを描く、特定の方に絞って訴える、売り込み的文言は避けるという、永友さんがおっしゃることは、Webに限らずチラシやpopなどにも活かせますね

という感想をいただきました。

じつはこれはまさにその通りです。Webは、あくまでツール(手段)の一つであって、私は「お客様目線の情報発信」ということをお伝えしているつもりです。その点を感じ取っていただき、とても嬉しかったです。

お客様目線のWeb発信をしたい店舗経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」について小売店様へのアドバイス実績が豊富です。
お仲間で集まっていただければ、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

永友事務所のコンサルティングの特徴
ホームページ改善相談