偶然でしたが、「呉服店様ホームページのアクセス解析データ関連アドバイス」(ご相談事例1766)のご支援と前後して、別の呉服店様からWebコンサルティングのご用命をいただきました。

商圏がまったく異なるため、ご相談対応をさせていただきました。

とある街の老舗呉服店様です。2代目の経営者様が、ユニークな企画も含めて積極的に事業展開をされています。

現在もホームページはありますが、集客に結びついていないと感じています。今後ホームページをリニューアルするに当たり販路開拓につながるHPにしたいため、現状の問題点を指摘していただければと思います。

というご相談でした。

ホームページ(兼通販サイト)は「フロントページ」というHP編集ソフトで作成されています。しっかりと細かく作られており、またスマホ対応にもなっている状況です。
しかし「集客に結びつかない」とお感じでいらっしゃいますので、Web活用の全体像からしっかりと見直しをする必要があるように感じました。

ネットを活用して販売促進を図るには、まず「何をどう使うのが効率良く効果が高いか?」をじっくりと理解することが肝要です。
一昔前は、「ホームページ」というツールしか利用できず、また業者に依頼して作ると数十万円かかるのが普通でした。
しかし今では、「無料」で「効果的」な他のツールが登場していて、それらを「合わせ技」で使っていくのが「効率良く効果が高い」方法になっています。
その代表例が「ブログ」です。本件では検索エンジン対策としてのブログ活用について具体的にレクチャーさせていただきました。ブログで書いた内容は検索エンジンで検索に引っかかりやすく、Web集客の要となります。

またWeb集客のもうひとつの要が「ソーシャルメディア」(SNS)です。Facebookなどのソーシャルメディアは「お客様が自分でも気づいていないような欲求を掘り起こすことができる」点に優れています。

「雑誌を眺める感覚で、綺麗な写真や、なるほどと思える記事を読むために」なんとなく閲覧している膨大なFacebookユーザーに向けて、木綿着物等のことを「啓蒙し続ける」ことは非常に有益だと思います。これも、運用コストは全くかかりません。FacebookやインスタグラムといったSNSについて、ユーザー像や具体的活用法についてアドバイスをさせていただきました。

2か月ほど経ったホームページのリニューアル後は、その内容についてディスカッションをさせていただきました。

特に、ブログ機能を使って「エピソード」を描く(どんなお客様が、どういうご要望を出されたか?それに対してどのような提案をしたか?)ということをご提案させていただきました。検討中のかたが、イメージが湧きやすくするためです。

またInstagramの活用について実践的にレクチャーさせていただきました。ハッシュタグをうまく活用してInstagramで着物類を探している女性客を取り込む方法をご助言させていただきました。

若い感覚でユニークな企画も打ち出している呉服店様は、引き続き、ホームページやFacebook、Instagramでコツコツと明るく情報発信を続けていらっしゃいます。

関連するページ

Instagram(インスタグラム)活用で新規客が増加した小売店様