とある街の老舗呉服店様からご用命をいただき、ホームページコンサルティングを実施させていただきました。

数年前に補助金を利用しホームページをリニューアルしたそうです。市場規模縮小等、時代の変化に対応するためにWebの取り組みを強化していきたいというご意向だったそうです。

制作会社さんからホームページ完成の連絡を受け、操作方法等のレクチャーを受けたそうですが、説明がよく分からなかったとのことです。また、そもそもWebを使ったマーケティングについて改めてしっかり考えたいというご希望でした。

実際に呉服店様の店舗に赴き、パソコンを開いてGoogleアナリティクスのデータを拝見しながら、操作方法を分かりやすくお伝えするとともに、そのデータから何を感じ、どんな改善を行うべきかをお伝えさせて頂きました。

Googleアナリティクスでは、いわゆるWeb集客の成果(検索エンジンやSNSからのアクセスの結果)が分かりますが、同時に「Web接客」(どのページに満足いただけたか、いただけなかったか)についての考察も出来ます。

特に呉服は、高価で大切なものですので、お客様もホームページで「安心」「信頼」「信用」を感じ取りたいはずです。これを踏まえ、いわゆる「お客様目線のホームページ」という切り口から、足りないコンテンツについてのアドバイスをさせていただきました。

この老舗呉服店様は現在でもホームページ、ブログ、Instagram、Facebookなどを使って、明るく楽しく情報発信をなさっています。

自社のHP内容、Web発信について見直したい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
複数人お集まりいただいての、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

高品質な商品を扱うネットショップの落とし穴
ホームページ改善相談