東日本の、とある小売店様を訪問させていただき、ホームページコンサルティングをさせていただきました。

このお店様は、とある主要都市駅前、徒歩3~4分程度の商店街にあります。
老舗であり、ある意味で非常に有名なお店様です。

このお店様も、他の多くのお店様同様、「新規客」を増やすことについて真剣にご検討でした。

既にホームページとSNSを運用されていましたが、今回特にInstagram(インスタグラム)について、どのように運用すべきかを聞きたいというリクエストでした。

小売店様にとって、SNSを活用するということは、もはや常識の一つであると思います。現実的に、ネットユーザー(=潜在顧客)の大部分が、SNSを利活用しているからです。

Instagram(インスタグラム)はTwitterやFacebookに似ている部分もあり、似ていない部分もあります。あくまで商売を考えたときに重要なポイントは多くありませんので、そのことをシンプルにご提案させていただきました。

後日再度お邪魔したところ、Instagram(インスタグラム)を見たという新規客が増えてきたとのことで、担当の女性スタッフ様も喜んでいらっしゃいました。

SNSを商売に活かすとき、基本的にはコストはかかりません。「やってみよう」という気持ちと、「とにかくは、長く続ける」ということを意識していって、またツールごとの特性をつかんでいけば、活路は開けてくるように思います。
この老舗小売店様同様、まずはやってみる。やってみながら精度を上げるということを着実に実践すれば、明るい結末が待っているものと思います。

関連するページ

講演/セミナーの事例「わかりやすいInstagram(インスタグラム)講習会~店頭で簡単に運用できるSNS活用術!~」