とある街をベースに活動される出張撮影会社(出張カメラマン)様のホームページ改善のご支援をさせていただきました。

出張撮影(出張カメラマン)とは、七五三やお宮参り、結婚式など、主に神社(寺社仏閣)や挙式場で活躍するお仕事です。スタジオ撮影を中心にするカメラマンさんとは違い、主に「屋外」で活動しているようです。

「スタジオ」という拠点に依拠しないので、活動範囲を自由に決めることができますね。一方で、それゆえ、競合他社との比較検討にさらされ続けるお仕事ともいえます。

今回ご縁をいただいた出張撮影会社(出張カメラマン)様は、とある観光地をベースに活動しています。撮影のキャリアは長く、実力は折り紙付きです。

一方で、そのホームページは非常に複雑で、「わかりにくい」印象でした。わかりにくさの要素は3つあると感じました。

(1)主観と客観の混在

この出張撮影会社(出張カメラマン)様は、撮影についてのキャリアが長く、また必然的に”芸術的”感性もおありです。ある意味の「自己主張」(主観)が、ホームページという「初心者にわかりやすく説明すべきメディア」の中に頻繁に顔を出していて、話を分かりにくくしている印象でした。

(2)複雑な動線

シナリオ分岐型ゲームのように、ひとつの説明文から複数のパターンにどんどん分岐していく作りになっていました。いっけん、目的をもって情報を探すユーザーには便利なようですが、複数サービスを比較検討しながら進みたいユーザーには、非常に煩雑で「読むのが疲れる」ホームページになっていました

(3)統一されていないラベリング

サービスやメニューの「名称(名づけ方)」を「ラベリング」といいます。このラベリングに統一感がないと、読み手は非常に混乱します。

例えばですが、「対面コンサルティング」というものと、「しっかりたっぷりコンサルティング」というものがあった場合、
「対面形式の場合は、しっかりしていないのか?」
「対面は、時間がたっぷりではないのか?」
「しっかりたっぷり、は、どうやってコンサルティングしてくれるのか?」
と、わからないことだらけになりますね。

この出張撮影会社(出張カメラマン)様のホームページでも、これに類する「わかりにくさ」が感じられました。

これらの意味でも、この出張撮影会社(出張カメラマン)様にはSEO(検索エンジン対策)等のウェブ集客面のお話しではなく、「一般人目線で、ホームページを分かりやすく改善する」という切り口にてアドバイスをさせていただきました。

このように永友事務所では、「わかりやすさ」という切り口にて診断助言が可能です。「自社ホームページのわかりにくさ」についてご関心がある経営者様は、ぜひお声がけいただければと思います。

お客様目線のWeb発信をしたい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
お仲間で集まっていただければ、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

「わかりやすい説明」のアドバイス
ホームページ改善相談