留学エージェント様のホームページリニューアル参画(ご相談事例1022)の事業者様が、その後、数年ぶりにホームページリニューアルを図る相談事例の続きです。
(参考:前回記事「ホームページ制作会社選定時の同席」)

とある1社のホームページ制作会社さんと契約に至った後、諸々な打ち合わせを経て、ホームページ制作会社さんからの「たたき台」が上がってきました。私は、再度打ち合わせに同席させていただくことになりました。

ホームページ制作会社さんからの「たたき台」は、基本的には期待通りのデザインでしたが、前回も討議した「ペルソナの変更」という観点を鑑みて、細かいことですが以下のようなご提案をさせていただきました。

(1)グローバルメニューの順番、内容のご提案

いままでのペルソナ(基本的にはメイン顧客)はもとより、新しい傾向を持つペルソナに向けてグローバルメニューを備えるようにご提案しました。

(2)タグラインのご提案

タグラインを、「新しいペルソナ」に響くように変更するようにご提案しました。
(参考:ロゴ周りに「タグライン」を記載する意味

(3)「初めての●●」というページの設置提案

(4)ページ下部の「誘(いざな)い」(クロージング)をもう少し手厚くすることのご提案

(5)「ご相談・お見積もり」ページをお客様目線で改変していくご提案

(6)”強み”を鑑みた、ターゲットキーワードの選定と検索エンジン対策提案

(7)ホームページからブログに積極的に誘導することのご提案

(8)勝負ページでの、ペルソナに対する「もてなし」コンテンツの整備

(9)アクセス解析データを鑑みての、「よくある質問」ページの表現改善提案

(10)SNS(特にInstagram)活用のご提案

べつに、ホームページ制作会社さんから上がってきた「たたき台」にイチャモンをつけているわけではありませんが、この留学エージェント様の更なる商売繁盛を願って、真剣に討議・ご提案をさせていただいたわけです。

関連するページ

永友事務所を初めてご利用になるかたへ