とある街のペット用品店様からご用命をいただき、Web活用全体の整理とアドバイスをさせていただきました。

このペット用品店様は、特定の動物について商品展開をしています。店頭販売と、ネットショップを運営なさっています。

大手企業でバリバリのビジネスパーソンだったご主人が「元気があるうちに独立して勝負してみたい」ということで脱サラされました。そのご主人と奥様が、とある街の商工会議所主催のセミナー(永友が講師)にご参加され、その後、個別相談もしたいということでした。

ホームページとネットショップ、またFacebookを運営なさっていました。
「ブログは、運営なさらないのですか?」と伺うと、このようなお答えでした。

ブログですか…。Facebookをやっているので、ブログはやらなくても良いかと思っていました。

じつはこのように、「Facebookをやっているから、ブログをやっていない(やらない)」という経営者様は少なくありません。

これが非常に勿体ないことをしているとは、もちろんお気づきでないのです。

詳しくはブログ「『Facebookページをブログ代わりに更新する』ことをお勧めしない3つの理由」をご覧いただきたいのですが、同じ時間をかける(かけられる)のであれば、まず「ブログ」を書くことをお勧めしています。

このことをご説明すると、「それは目からウロコです。早速、ブログを開設したいと思います」というお返事でした。

他にも、

●Facebookページの投稿内容(表現)の改善と、別のSNSである「Instagram(インスタグラム)」の活用について
●ネットショップでは「贈答用」についての情報を厚く書くこと(贈答用利用の喚起)
●Googleアドワーズ等の検索連動広告について

などをアドバイスさせていただきました。

このペット用品店様は、ブログやInstagramも含め、ますます旺盛に情報発信を続けていらっしゃいます。また、商品等が映画の小道具として利用されるなど、とある分野のペット用品店としてますます有名になっていらっしゃいます。

自社のWeb発信について見直したい店舗経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について店舗経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
お仲間で集まっていただければ、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

わかりやすいホームページコンサルティング(対面型)
ホームページ改善相談