神奈川県内の、とある街の自動車部品(カーパーツ)販売業様からご用命をいただき、対面型のホームページコンサルティングをさせていただきました。

当社は自動車メーカー等から自動車部品を仕入れ、自動車修理工場などの顧客へ販売しています。
自動車メーカー等から仕入れる自動車部品そのものは高品質ですし、同業他社と差別化を図り得るのは「仕入れた部品」ではなく「営業パーソンの人間力」であるという認識があります。
そのために求人には力を入れていくべきところですが、現在ホームページがなく、求人募集にとって有利な(良い人材が集まるような)ホームページのありかたについてアドバイスをお聞きしたいのです。

そのようなリクエストでした。

まずは、ホームページを制作する際の方法(自作か委託か)についてアドバイスさせて頂きました。

ホームページを「誰」が作るべきかは、よくいただく質問のひとつです。
もちろん自作(自社で内製)するのも業者にホームページ制作委託(外注)するのも正解ですが、「少なくとも制作後の”運営”(修正などの運用実務)は自社で行ったほうが良い」のは間違いないことです。
自社で行えば臨機応変に修正ができますし、運営を外注すると、それに見合った費用がかかってくるからです。

そのことを踏まえ、「ホームページ制作」を自社で行うか業者に制作委託するかについては、以下のようなメリット/デメリットを踏まえて判断することになると思います。

<ホームページを自作するメリット>
・内容や進捗について自社の都合に合わせて進めることができる
・機密情報等を外部に漏らさず制作が進められる
・制作委託をして作成するよりも安価に済む
<ホームページを自作するデメリット>
・いわゆる「自己満足」な内容に陥る可能性がある
・デザインのプロではないので、「手作り感」が出てしまう
・ホームページ編集方法を習得したり、サーバやドメインの手配を行うなど、手間がかかる

次にホームページを自作する際の有用ツールとしての「Jimdo」をご紹介させていただきました。実際に操作をしながら、ホームページ制作の手順をお伝えしました。

さて、求人(人材募集)のためにホームページを活用する際は、
・実際の社員の声(インタビュー)
・経営者からの言葉
を載せることはもとより、
・社内で勉強会(研修等)を行っている様子をホームページに載せることで、自己成長のために会社がバックアップしてくれることを示す
・社会貢献に関われることを示す
・人の役に立つ喜びを示す
ことなどが重要であると思います。

また社員様を紹介するページを作る際は、社員様毎にページを1ページずつ割りあてることをお勧めしています(退職等による情報削除等が容易だからです)。

現在でもこの自動車部品(カーパーツ)販売業様は、コツコツと情報発信を続けていらっしゃいます。

関連するページ

講演/セミナーの事例「Jimdo(ジンドゥー)で作るHP」