とある街のクリーニング店様からご用命をいただき、ホームページ改善等のコンサルティングをさせていただきました。

このクリーニング店様は永友が講師のセミナーに複数回ご参加いただき、その後「わかりやすいホームページコンサルティング(対面型)」をご利用になったというケースです。

ご家族で切り盛りするクリーニング店様で、実直なお仕事、手厚い接客、真面目で誠実・明るい性格と、まさに商売人の鑑のようなご家族様です。

自作のホームページをはじめに、ブログ、Facebookなど様々なツールを使っていらっしゃいます。経営革新計画承認事業所、小規模事業者持続化補助金採択事業所ということもあり、今後さらに販売促進を図りたいとのことでホームページ診断をご希望になりました。

このクリーニング店様のケースでは、大きく以下2点をご助言させていただきました。

(1)お客様目線(お客様が腑に落ちる文章構成・表現)への改変

それまでのホームページでは、多くの中小企業様と同様、「自社が言いたいことを、言いたい順番でいう」というホームページになっていました。
それでも一応の情報伝達は出来ますが、「お客様が腑に落ちる表現」にしたほうが、当然に伝わりやすいと思います。

色々なアプローチがありますが、永友事務所では「APSORAの法則」(アプソラの法則)という文章構成をお勧めしていますので、そのことについて具体的にレクチャーさせていただきました。

(2)ブログの改善

コツコツとブログを書いていらっしゃってとても素晴らしいですが、キーワード(ブログ自体のアクセスアップ)の観点と、ホームページへのリンクパワー供給(ホームページのアクセスアップ)の観点から、ブログの改善についてご助言をさせていただきました。

その後も、Instagramなども開始し、明るく楽しく情報発信を続けていらっしゃいます。

関連するページ

スマホから無理なくブログを投稿、リピート客が増加した鮮魚店