とある街の花き及び園芸品仲卸様からご用命いただき、ホームページコンサルティングをさせていただきました。

昭和期創業で長く経営をなさっていますが、更なる販路拡大していきたいとのご意向があります。なお、この社長様は非常にアイデアマンであり、また営業活動も積極的に行っていらっしゃる素晴らしい経営者様です。

ホームページはホームページビルダーで作成・運営していて、更新もコツコツ行っている状況です。
一方、ホームページは「会社案内」のような内容に留まっているようにも見受けられ、いかに「強み」をPRできるWeb運営を行えるかがカギだと思われました。
なお今後のWeb運営については費用をかけずに行いたいとの意向も伺いました。

ホームページ以外の媒体に目を向けると、ブログ、フェイスブックなどは未着手か、開設後に手つかずの状態であるようです。これら「ホームページ以外の媒体」の活用も肝心であると思われました。

初回のコンサルティングでは、Web活用の全体像についてご説明させていただきました。

ネットを活用して販路拡大を図るには、まず「何をどう使うのが効率良く効果が高いか?」をじっくりと理解することが肝要です。
一昔前は、「ホームページ」というツールしか利用できず、また業者に依頼して作ると数十万円かかるのが普通でした。
しかし今では、「無料」で「効果的」な他のツールが登場していて、それらを「合わせ技」で使っていくのが「効率良く効果が高い」方法になっています。

いわゆる検索エンジンで調べ物をするお客様に対応する合理的なツールとしては「ブログ」(ビジネスブログ)が挙げられます。
ビジネスブログは無料で作成/運用することができ、書いた内容は原則的にネット上にずっと溜っていきますから、書けば書くほど検索エンジン対策になります。

またFacebookなどのソーシャルメディア活用が盛んです。そのポイント、活用メリットの一つは「お客様が自分でも気づいていないようなニーズを掘り起こすことができる」点にあります。
お客様が自分でも気づいていないようなニーズを掘り起こし、興味関心/購買意欲を高めることができるのが、Facebookなどソーシャルメディアの特徴です。

この後、複数回に分けてご支援をさせていただくことになりました。

関連するページ

わかりやすいホームページコンサルティング(対面型)