とある街の総合食品卸業様にお招きいただき、ホームページ診断をさせていただきました。

当社はこの地で創業100年の食品卸業です。
自社の既存のホームページについて販促効果が感じられず、従前よりホームページの改良について課題となっています。
既存の自社ホームページについて現状分析をしたうえで、問題点・改善すべき点についてのアドバイスをいただけないでしょうか。

というご相談でした。いわゆる「ホームページ診断」をはじめとする、Webコンサルティングになります。

ホームページの構築や運営は経営「戦術」のひとつであり、経営「戦略」に沿ったものであるべきだと思います。

この総合食品卸業様は100年の歴史を持つ大手卸売業ですが、既存のホームページにおいては特段の”戦略”が見てとれず、まずはその方向性を確認することからご助言をはじめさせていただきました。

ご支援前に強く感じたのは、現状のポテンシャル・企業の規模感・商品の品質などを考えた時、今のホームページではそれがまったく伝わっていない、ということでした。

内容もさることながら、そのデザインがとても簡素で、また手作り感が溢れていました。
簡素で手作りのホームページがいけないのではなく、そのデザインが「高品質商品を扱う老舗卸売業」のホームページにはマッチしていないことが問題なのだと思います。

まさに「価値とデザインのズレ」です。じつはホームページコンサルティングをさせていただいていると、この「価値とデザインのズレ」というケースが少なくありません。

この総合食品卸業様のさらなるブランド醸成を考えた場合、ここで大手感あるホームページ(CI含む)の構築・運営に踏み切るのもとても有意義な戦略になるのではないかと考え、そのことをご提案させていただきました。

ホームページにどんなコンテンツを具備すれば「高品質」であることを示せるか、というご質問を頂きましたが、「トーン&マナー(雰囲気)が最も重要である」ことをご助言させていただきました。
一例を挙げれば、「ホワイトスペース(余白)」をふんだんにとったホームページは、大手感、高品質感が感じられるものです。そのことについて事例を挙げながらご説明をさせていただきました。

本件ホームページ診断については、「自社では得られなかった客観的な視点が得られた」ということを喜んでいらっしゃいました。

その後、総務部の社員様が中心となり、ホームページリニューアルを図りました。今でもその高品質の商品が、ますます広まっているご様子です。

関連するページ

(ブログ)「理由」は、買う気がある人ほど知りたくなる