神奈川県内のとある街にあるレストラン様からご相談をいただきました。

このレストラン様は昭和50年代開業の老舗レストランです。売上は横ばいとのことですが、駅からのアクセスが多少不便な所にあり、これからより多くの新規顧客を呼び込むための広報支援を、とのご要望でした。

オーナーシェフの社長様と様々なお話をさせていただく中で、「Facebookに取り組んでみたい」ということになり、Facebookの個人アカウント及びFacebookページの開設支援をさせていただきました。

Facebookは世界中で多くのかたが使う、いわば「インターネット上の集会所」です。「友達」との交流を通じて、自然に「クチコミ」が期待できます。

またFacebookページは無料で作成でき、かつ検索にも引っかかる有用ツールです。ブログやホームページと違って既存客(=他のかたに紹介をしてくれる存在)や仲間と交流することができるので、「紹介/クチコミ」に大きく寄与する媒体です。

Facebookページの開設支援をさせて頂きながら、投稿内容についてご提案させていただきました。
またFacebookページで成功されている飲食店様をご紹介させていただきました。

いまでもコツコツとFacebookページを更新され、大きなパーティー、ケータリングの様子なども楽しそうに投稿されています。

関連するページ

(ブログ)ホームページとFacebook、どちらを頑張るべきかという判断基準