とある街にあるエステサロン様から、以下のようなご相談を受けました。

当店は住宅街のマンションの一室で営業しているエステサロンです。エステや、関連サービスが好調で、リピーターのお客様も多いです。
数年前から、ある情報サイトに掲載しています。この情報サイトは「●●市 エステ」等で検索すると、けっこう上位に来ます。いまではこの情報サイトを見て来たというお客様は1/3程度になっています。

じつはこの情報サイトの掲載契約の継続期が近づいています。今回の情報サイト掲載継続では、掲載金額が上がってしまいます。この情報サイトの掲載を続けるべきか、中止すべきか、ご助言をお願いします。

このようなご相談でした。

このエステサロン様では、新規のお客様の多くはこの情報サイトを見たというお客様です。そして、一度来店されたお客様にLINE@に登録をしてもらい、次回以降はLINE@を通しての予約をするように誘(いざな)っているとのことでした。

掲載金額が高くなるのは悩ましいことですが、現状で新規集客に大きく貢献していることから、「掲載を継続すること」をご提案させていただきました。
LTV(顧客生涯価値)。リピート率を考えると、新規集客でお金をかけてもじゅうぶんペイできるというご提案をさせていただきました。

ただし同時に、「集客にお金をかけ続ける」ことは好ましいことではありませんから、費用をかけずに新規集客をかなえる方策をアドバイスさせていただきました。

この情報サイトでは、「●●市 エステ」等のミドルキーワードで上位表示を達成しているのですが、逆に言うともっとニッチなキーワードでは上位に来ていません。

ニッチなキーワード(いわゆるスモールキーワード)で上位表示を叶える手段としては、「ブログ」が最適です。このエステサロン様は従来からブログを書かれていらっしゃったので、その書きかたを改善することでニッチなキーワード(いわゆるスモールキーワード)での上位表示を達成し、ひいては将来的にこの情報サイト掲載から退会し、ブログでの検索エンジン上位表示にて新規集客が図れるようにアドバイスをさせていただきました。

今では、このエステサロン様は情報サイト掲載から退会し、ブログ集客と(高い満足度に支えられた)リピーター様の来店で頑張っていらっしゃいます。定休日も増やし、ライフワークバランスを考えながら、長く営業を続けられるようにシフトをしているようです。

関連するページ

永友一朗公式ブログ