関東地方の、とある街にある老舗焼肉店様に御用命いただき、従業員様向けのSNS研修講師を務めました。

この焼肉店様はとても繁盛なさっていましたが、だからこそ、ネット活用をうまく実践して、更なる集客を考えていきたいというご意向でした。

仕込み後の、開店前の時間を使ってSNS研修をさせていただきました。大きく、以下のことを討議、レクチャーさせていただきました。

(1)マインドシェアを拡大するためのSNS活用

SNS活用は、この「マインドシェア」(第一想起率)という考え方と切り離すことができません。「焼肉やホルモンと言ったらやっぱり●●だよね」という「●●」にこのお店の名前が出てくるようにする(=マインドシェアを拡大する)のが、SNS(ソーシャルメディア)の使い道です。

ここでは、マインドシェアを拡大するためにどのような投稿が必要かを、従業員様どうしでディスカッションしていただきました。

(2)SNSリスク対策

飲食店様のSNS活用で欠かせないのがSNSリスク対策です。分かりやすく言うと、「炎上」対策です。

ここでは、炎上しやすい投稿や、SNS炎上を未然に防ぐ方法をレクチャーさせていただきました。

(3)「“お店の当然はお客さまには新鮮”の法則」で考える投稿内容

「売り場」ではないSNSという場所において、「売らんかな」という雰囲気の投稿ではお客様が離れていきます。また、ネット活用とは究極的には「新規のお客様」に振り向いてもらうための情報発信なので、「自店は、こんなお店ですよ(こんなふうに利用されているんですよ)」という紹介こそが肝心です。
私は「“お店の当然はお客さまには新鮮”の法則」とよくご説明していますが、お店で既に当たり前になっている事柄こそ、新規のお客様に説明すべきことだと思っています。

では、どんなことが、この焼肉店様で「“お店の当然はお客さまには新鮮”の法則」に当てはまるのかを、ディスカッションしていただきました。

(4)タグ付け、チェックイン、文末での誘(いざな)い等、投稿実務

(5)スマホでの撮影と加工方法

(6)おいしそうに思えるWeb文章表現

などもレクチャーさせていただきました。

そして「投稿課題」を設定し、上記の事柄を意識した投稿をしていただき、しばらく期間をおいて再度講習会を実施させていただきました。

今ではこの焼肉店様はますます繁盛され、FacebookやTwitterで明るく情報発信を続けていらっしゃいます。

関連するページ

ホームページコンサルタント永友事務所の社内研修(社員研修)