とある住宅街の米穀店様を訪問させていただき、ネット活用のコンサルティングをさせていただきました。

この米穀店様では、店頭での小売りを中心に、ある商品のネット販売も行っていました。自社ホームページ(ネットショップ)と、関連団体のホームページについて、内容が妥当であるかの「ホームページ診断」とアドバイス、またネット集客についてのアドバイスが欲しいというご要望でした。

自社のネットショップについては、「米 通販」などの競合が多いキーワードで勝負するのではなく、(競合がまだ多くない)個別具体的キーワードで勝負していく方が合理的であることをご助言させて頂きました。
またその方途として「ブログ」の活用についてアドバイスをさせて頂きました。

一方、関連団体のネットショップについては、まだその商品価値を知る人が多くないことから、Facebook等のソーシャルメディア(SNS)にて啓蒙していくことが合理的であることをご助言させて頂きました。
またその方途としてFacebookページでの投稿のコツについてアドバイスをさせて頂きました。

またどちらも、お客様の不安と疑問に答えるコンテンツ(ページ内容)の充実が急務であることをご助言させていただきました。

現在、この米穀店様はホームページをリニューアルされ、またFacebookページの投稿を楽しく続けていらっしゃいます。

自社のHP内容、Web発信について見直したい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
複数人お集まりいただいての、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

(ブログカテゴリ)Facebook(フェイスブック)の商用利用

ホームページ改善相談