神奈川県内のとある閑静な街の、小売店様のホームページコンサルティングをさせていただきました。

代表者様は2代目です。若くてとても真面目な代表者様ですが、以下のようなお悩みがありました。

当店は、はっきり言えば山の中にある自宅兼店舗です。駅からも遠く、お店の前にはほとんど人が通りません。
また、当店が扱う商品は高価格でリピートも多いのですが、全国的に同じ商品が売られています。販売価格も同じなのです。
ネットで何とか活路を見出したいと思いますが、何をどうすればよいのか分かりません。

このようなご相談でした。私は大きく2つのことをご助言しました。

一つは、ネットで人柄や人間性を出すことです。

商品や価格で差が出ない(出せない)わけですから、売り手の人間性、パーソナリティ(キャラクター)、専門知識の深さ等をPRしていくことが第一ではないでしょうか。いわゆる「この人から買おう」と思わせる意味です。その意味とやり方をご助言しました。

二つ目は、ソーシャルメディアを活用することです。

この商品群は素晴らしいものでリピートも多いわけですが、そもそもこの商品をまだ知らない消費者もいるわけです。ソーシャルメディア(SNS)を活用して、周知啓蒙を図ることも有効だと思います。もちろんその場合は、「人柄や人間性」もセットで訴求することが肝要です。

本件ご支援では、「ネット販売(ネットショップ)を行う」という可能性も出てきたので、ネット販売(ネットショップ)を行うときの仕組みなどをアドバイスさせていただきました。

関連するページ

(ブログ)完全禁煙に切り替えた飲食店がネットですべき5つのこと