とある街の内装業様に、正確にはその顧問税理士様からのご紹介でホームページのコンサルティングをさせていただきました。

既存ホームページをお持ちでしたが、リニューアルをするにあたり、客観的な視点でのアドバイスをお求めでした。

もともとのホームページをお作りになった制作会社さんに再び依頼することは決めていらっしゃったので、あくまでも「内容/表現/集客に適う文章」という点をお求めでした。

対面コンサルティングを3回実施させていただき、あとは通信手段でのコンサルティングを実施させていただきました。

制作会社さんの担当者様も非常にテキパキと仕事を進められ、順調にホームページがリニューアル出来ました。

この内装業様のホームページは、とあるコンセプトが強烈に効いていて、今では対応が追い付かないほどの受注を受けているそうです。

やはりホームページは戦略が大事で、またそれを結果に結びつけるための実践が大切ですね。

自社のHP内容、Web発信について見直したい経営者様へ

貴社のホームページは、顧客に伝わる言葉、表現になっていますか?また、顧客に届きやすいツールを選択していますか?
ホームページコンサルタント永友事務所では、「お客様目線の表現術」「Web活用の全体の最適化」について経営者様へのアドバイス実績が豊富です。
複数人お集まりいただいての、講習会形式でのコンサルティングも可能です。「お客様目線のWeb発信について」とご連絡ください。

関連するページ

HP制作を外注する時の長期サポート-Web制作の中立的コーディネート-
ホームページ改善相談