神奈川県内の、とある街の雑貨店様(商工会員様)からホームページ相談をいただきました。

商工会SHIFT、ブログ兼ホームページ、Facebookページを運営しているものの、それぞれを上手く使いこなせていない気がしています。一度客観的な視点でアドバイスをいただきたいと思っていました。

というご相談でした。

Web活用状況について拝見すると、ブログ型ホームページについては、ブログとホームページの両方を行おうと実践されており、「どっちつかず」の状況のように感じました。

また、フェイスブックなどソーシャルメディア(SNS)の取り組みが事実上未着手であり、この部分の取り組みによってブログ/ホームページともに更に活きてくると思われました。

商工会SHIFTについては取り組みがあるものの、改善の余地があるとも感じました。

全体的なWeb活用の取り組みが始まったばかりだと感じましたので、Web活用の全体像をお示ししながら、何をどう使うのが効果的なのか、をご助言させていただきました。

その上で、以下の各ツールのご助言をさせて頂きました。

(1)商工会SHIFTの意義と改善ポイントについて

中小企業Web活用における商工会SHIFTの意義は、「検索エンジン対策として非常に有用であること」です。逆に言えばSHIFTの中にターゲットキーワードになり得る言葉(検索語)を多く入れることが肝心です。
本件では主要ターゲットキーワードがまだまだ足りないように思いましたので、SHIFTの本文中でもっとそれらを記入するようにご助言しました。

(2)ブログ(本件ではブログ型ホームページ)の意義と改善ポイントについて

ブログも「検索エンジン対策として非常に有用であること」が意義になります。本件ではブログの内容ページ(記事)の絶対数がまだ足りないと感じましたので、検索エンジン対策を意識しつつ何をどうたくさん書くか、をご助言しました。

(3)Facebookページの意義と改善ポイントについて

Facebookページは潜在顧客(=当然ながら既存客や見込み客よりも圧倒的に多い)に「感覚的に何度でも無料でお店の良さを訴えられる」ことが意義であり、本件では雑貨(かわいい!という感覚)に訴えられる素地がありました。
しかしながらFacebookページの取り組みが事実上始まっていないため、その運営・PR方法や「チェックイン機能」についての説明をしながら改善方法を実演しました。
また、Facebookの個人ページとFacebookページの切り分けができることをご説明し、安心して頂きました。

今後については「ブログ記事数を増やす」「Facebookページの運営に本腰を入れる」というのが課題となりますし、それをその場で念押しさせて頂きました。店主(代表)も「取り組んでいこう」という気持ちになった、と仰っていました。

店頭でPCを使える環境にありますので、更新等については問題ないと感じます。またスマホはお好きでないようでしたので、無理にお勧めはしませんでした。

また、雑貨という「感覚に訴える」商材を扱っていますので、Facebookの活用で大きく飛躍するであろうことをお伝えしました。

この雑貨店様は、いまでも継続的にFacebook等で楽しく情報発信をされています。

関連するページ

講演/セミナーの事例「商工会SHIFT活用」