とある指圧整体院様は、ご主人が指圧師で施術、受付は奥様が担当しています。

永友が講師のセミナーに奥様が6回ご出席になりました。とても熱心にご受講いただいていました。
その後、対面でのコンサルティングを希望されてお店に伺うことになりました。

その街は関東地方の中規模の街です。驚いたことに、その指圧整体院様のお店に伺うまでに、通りに11軒もの整体関連のお店がありました。競争が激しい業界であることを再認識しました。

奥様は、私がセミナーで触れた「Jimdo」(ジンドゥー)という無料ホームページ作成サービスについて興味を持たれ、既にある程度ホームページを作り上げていました。

夫婦でやっている小さい店です。ご覧になった通り、ここに来るまでには競合店舗がたくさんあります。
シニア世代が多い街とはいえ、こんな競争過多状態ですから、何とかネットで集客を図りたいと思っています。

そのようなお話でした。

Jimdoで奥様が一生懸命にお作りになったホームページですが、「お客様の声(患者さんの感想)」が少ないご様子でした。

「お客様の声」は、とてもスタンダードなコンテンツですが、新規のお客様に指圧院来店を促す重要な情報(=お客様目線の内容物)です。

いわゆる「お客様の声」というコンテンツは、
・他でもない当該店を選んで良いのだという「問い合わせへの後押し」になる
・他のお客さんはどのような場合にお店を利用したのかという「事例の陳列(ケーススタディ)」になる
・文字で書かれている場合は、「検索エンジン対策」になる
・お店からのコメント返しがあった時には「親近感の醸成」になる
などの理由で、ホームページには欠かせないコンテンツです。

この指圧整体院様には、主にお客様の声を掲載するときの工夫をお伝えし、またそのほかのコンテンツについても協議をしました。

後日、奥様が明るい表情で教えてくれました。

しばらくご連絡せず、すみませんでした。お陰様でホームページからのご予約が多く、忙しくしています!

アドバイスを素直に実践され、結果を出した指圧師様と奥様。やはりホームページの勘所は、お客様目線でコンテンツ(=内容物)を整備することなのだと再認識しました。

関連するページ

(ブログ)Jimdoでのホームページ作成